6ヶ月間の間に何度も申込みすると不審に思われる

カードローンに申し込みを行うと信用情報機関に申し込み履歴が残ってしまいます。1度でも自分自身の信用情報をチェックしたことがある方ならご存知かと思いますが、このカードローンの申し込み履歴というのは直近6ヶ月分が残っています。

 

カードローンの申し込みだけでなく、クレジットカードの申し込み履歴、さらにはどれくらいの利用金額があるのかといったものまでこと細かに履歴が残っているんです。

 

もし仮に、カードローンに申し込みを行って審査が通らなかったとしても信用情報機関には「カードローンの申し込みを行った」という記録が残っているということになります。

 

申し込み履歴が多いほど不利になる

実はこの申し込み履歴は多いほど私達にとって不利に働いてしまいます。少なくとも6ヶ月間は履歴が残っているわけですので、6ヶ月間の間に何度もカードローンの申し込みを行っているということは、浪費癖があったり、資金繰りに困っているのではないかと判断されてしまうことが多いです。

 

もちろん、6ヶ月の最初の月と最後の月であればまだ比較的影響は小さいですが、1週間おきに新しくカードローン会社に申し込みをしているという履歴が残っていればかなり警戒されてしまうのは仕方がありませんよね。

 

新しくカードローンが必要になった、できるだけ今すぐにでもカードローンを発行して欲しいということは当然あると思います。もしすでにカードローンを持っているという方であれば利用限度額の増額を依頼してみることも検討してみましょう。

 

利用限度額というのは契約時のまま放っている人も多いかもしれません。しかし正しく使い続ける、適度に借り入れを行いしっかりと返済しているという実績があれば限度額の増額に対応してもらえる場合もあります。詳しいことはオペレーターなどに確認を取ってみましょう。