申し込み件数が多いとお金に困ってると判断される

カードローンは審査がありますので、せっかく申し込みをしたのに審査で断られてしまうと「また他のカードローン会社に申し込みをしないといけないのか」と考えて複数のカードローン会社に申し込みを行っている方もいるようです。

 

確かに時間効率で見てみると悪いことではなさそうですが、実はカードローンの審査という面では自分から不利な状況を作っていると言わざるを得ません。

 

カードローンへの申し込みは信用情報機関に履歴が残ってしまいます。

 

カードローン会社は必ず申し込みがあった時点でこれらの信用情報機関を照会していますのでどこのカードローン会社に申し込みをしているのか、複数のカードローン会社に一度に申し込みをしていないかといったことを瞬時に把握することができるようになっています。

 

複数のカードローン会社に申し込みした場合

複数のカードローン会社に申し込みをすると申し込み件数が多くなり、これによってカードローン会社は不審な申し込みではないのか、よほどお金に困っているのではないかという風に判断してしまいます。その結果融資を断られるというわけなんです。

 

もしも自分自身の収入や現状など方考えると、一つのカードローン会社だけでは審査に通りそうもないという方は複数のカードローン会社に一度に申し込みをするのではなく、仮審査を受けることをおすすめします。

 

最近ではどこのカードローン会社も仮審査を用意しており、こちらなら信用情報機関に記録が残らないため安心して複数の仮審査を受けることができるというわけなんです。仮審査は公式ホームページなどで用意されていることが多く、結果もすぐにわかるためまずはこちらから試してみることをおすすめします。