電話をかけてキャンセルの旨を伝えればOK

カードローンの申し込みを行って無事に審査をパスすることができたら、いよいよ入会申し込み書や本人確認のための書類を郵送する段階に入っていきます。

 

最近ではネットで手軽にその日のうちに申し込みをすることができるカードローンが増えてきているのでとても便利になりました。その半面「無事に審査をパスすることができたけれどよく考えてみたら今はカードローンは必要が無かったからキャンセルしたい」という方もいるでしょう。

 

実は意外とカードローンの申し込みをしてからキャンセルする方は多いものです。

 

カードローン申し込みをキャンセルするには

ほとんどのカードローンでは申し込み用紙の郵送がない場合は申し込み自体をキャンセルするといった内容が記載されています。

 

そのため、わざわざ連絡を入れるのも面倒だし、そのままほうっておけばキャンセル扱いになるのならそれで良いと思っている方もいるかもしれませんが、もしも申し込みをキャンセルするのであれば必ず電話などでも良いので連絡を入れるようにしましょう。

 

オペレーターに電話をかけて「カード申し込みをしたけれどキャンセルします」といった風に一言伝えるだけで簡単に受理してもらえます。

 

キャンセルの連絡を入れないと、信用情報機関にブラックリストとしてのせられるといったことはないものの、少なくとも顧客情報には傷がついてしまうことになります。

 

信用情報機関に登録されている情報というのは申し込みを行ったという事実と実際にカードを発行したのか、発行しなかったのかということが記載されています。カードローン会社によっては何が理由でキャンセルされたのかといったところまでは記載していないこともあります。

 

そうなると他のカードローン会社に申し込みをしたときに「この人は理由もなくキャンセルをしたのかな?」と疑われてしまう可能性も十分考えられます。