履歴の残らない仮審査がおすすめ

カードローンやキャッシング、クレジットカードなどの情報を扱っている「信用情報機関」にはブラックリストもまたのせられています。このブラックリストに名前が載ってしまうとカードローン会社に申し込みをしても断られてしまうようになります。では、どのような人が「申し込みブラック」として認定されてしまうのか確認してみましょう。

 

申し込みブラックとは

まず、一般的に言われている申し込みブラックは一度に複数のカードローン会社に申し込みを行っている人のことを言います。

 

もしかするとカードローン会社1社に申し込みをするだけでは審査が通らないかもしれないと思って一度に2社、3社と申し込みを行ってしまうと高確率で申し込みブラックに認定されてしまいます。

 

信用情報機関に載せられている情報というのは少なくとも6ヶ月間は履歴が残っているとされていますので、6ヶ月以内に複数のカードローン会社に一度に申し込みを行うとブラックとして認定されてしまう危険性が高まるということを覚えておきましょう。

 

また、ブラックに認定されてしまう可能性の1つに、過去の利用実績が挙げられます。例えば、過去にカードローン会社を利用していて、そこでの支払いに滞りがあった、返済することができなかったというような履歴が残ってしまうとブラックとして扱われて、いくら申し込みを行っても審査を受けることができないでしょう。

 

以前までであれば申し込みブラックに対してもかなり寛容な態度をとっているカードローン会社もあったのですが、最近ではブラックに対する警戒心がとても高くなってきているため一度申し込みブラックになってしまったら6ヶ月間は様子を見たほうが良いです。

 

もしも審査が通らないかもしれないと不安になっているのであれば履歴の残らない仮審査を受けることをおすすめします。